火属性ルシソロ編成紹介

Pocket

ここ最近ずっと挑戦していた火属性のルシソロ、ついに達成しました!!( ;∀;)

自発ではなかったのでこの後自発で挑みましたが、惜しくも1%で全滅_(:3 」∠)_
まぁ称号はルシ君ちょっと待ってろ!てなところです。

ここまで持ってくるのに多分40~50回以上は挑んでいるので、エレメントの溶けっぷりがやばいです_:(´ཀ`」 ∠):(特に風)

ということで今回はクリア出来た編成をご紹介したいと思います(`・ω・´)

主人公は最強のソロジョブトーメンター。
フロントはアテナ、タヴィーナ、アニラで進めます。
シヴァは1アビの永続デバフ入れたら早々に退場してもらいます。
ソシエは10%と3%のパラロスの100%カット要員です。

アビはグラビ、ディスペル、ディボーション。
ディボーションは主にシヴァとアニラを落とす際に使います。

秘器は上記の構成で使いました。

スロウパウダー:主に50%までのパラロス受けの調整用
白煙玉:ポースポロス回避用
白煙玉+:85%、50%以降の特殊(アキシオン)回避と、10%以降の通常攻撃回避用
これをどれだけ10%以降に残せるかで最後にどれだけ耐えられるかが決まります。
ツイルコート:60%のイブリース、25%~10%の通常攻撃に使います。
興奮剤:開幕と75%通過後に1,2回入れてODを早めることで、早めにパラロスを受けられるように調整します。
ルーンナイフ:赫刃レベルを出来るだけ0にキープするために使用
レイオマノ:試練7解除用
リフレイン:試練8解除用

編成によってはツイルコート、興奮剤、リフレイン辺りは外せそうです。
代わりに入れる候補としてはモラールショット、アサシンブレード、キリングダガーOD辺りですね。

武器はメインに四天刃。
連撃が心許ないのと、累積攻防ダウンはタヴィーナでカバーできるので、ガロットではなくこちらを使っていました。奥義の回転率も上がりますし。

サブはバレスカ爪、ドス2で堅守3枚。
絶拳、エッケ、ドス2でほぼクリ確定に(この編成で93.1%)。
ケラク、バレスカ爪、終末、アテナ剣2でHP確保。アテナ剣のところはあればバルムンクの方が良さそうです(管理人はいつの間にか砕いてた_(:3 」∠)_)。
進境はケラクでカバーできるので、終末はアビダメ+背水にしています。

召喚は両面アグニスに黒麒麟、風鞄、ルシ、ミカエル。
黒麒麟は試練突入時に使って試練7解除に使います。デバフ入れ直しもできますし。
風鞄はパラロスを受ける際にアテナ1と合わせて使います。プロメテの4凸があればそちらの方がいいです。
ルシはHP回復用に。この編成だとHP回復手段が他にアニラ4と回復リンゴくらいしかないので、結構重要です。
ミカエルはスロウ+ディスペルなので何かと便利です。管理人は1凸ですが、4凸ならレイオマノ+ミカエルで試練7解除も出来ます。

HPはこのくらい。アニラもアテナと同じくらいです。
LBはHPはある分だけ振ってます。後は防御に1ずつ振るとかそんな感じ。
シヴァはさっさと落ちて欲しいのでHPは振っていません。

管理人はフラウとサテュロス4凸がないので仕方なくこの編成になりましたが、回復がほとんどないのと、最後に出てくるソシエが弱いので、編成としてはかなり難しいと思います。
10%の時点で最低でもオルポ1個残っているくらいじゃないとやられます。

サテュロス4凸があればガロットの天聖+サテュロスで累積攻防ダウンが撒けるので、タヴィーナを抜いてフラウを入れるのがベストだと思います。
その場合はシヴァを落として後ろからフラウを出しましょう。フラウの代わりにバレスカでも。カット役はソシエからジークに変わります。

アテナ、シヴァ、アニラ、フラウ(バレスカ)、ジークで並べるのが良さそうです。
これならフラウ(バレスカ)で回復もできますし、ジークも普通に強いので。

管理人もバレスカ入りなら組めるのですが、累積攻防ダウンがガロットだけだと心許ないので、こちらではやっていません。サテュロスさえあれば…_(:3 」∠)_

新キャラのイルノートもルシソロ適正高そうです。その場合管理人のクリア編成からタヴィーナと入れ替えですね。スロウディスペル連発に加えて回復もできるのは間違いなく強いです。

大分記事も長くなってしまったので、動き方はまた改めて紹介しようかと思います。

今のところ装備的に非常にハードルが高いですが、ルシソロ挑戦は楽しいので、いつかの目標にしてみてください(`・ω・´)
現在挑戦中だったり、これから挑む方の参考になれば。

本日はこんなところで。ではでは〜

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ

Pocket